フェネック人形の部屋
フェネックの人形はあまり売られていません. だから自分で作ってみようと思いました。
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  フェネックの目は猫と同様の縦割れの目だった
キツネの瞳孔は猫と同じ縦割れだった!!

フェネック人形のミニチュアバージョンは以前完成させましたが
等身大バージョンはかなり前からストップしたままでした・・・
その理由としては一時的に仮使用していたテディベア用の茶黒のグラスアイが気に入らなかったことが挙げられます

その後ミクシーでフェネックを飼っているマイミクさんにフェネックの目のアップ写真を提供してもらったことがあります。

その時、写真の中にカメラのフラッシュを受けフェネックの茶黒い目の中の瞳孔部分が猫目のような縦割れの形に反射している写真が何枚もありました。

しかし当時私はフェネックはイヌ科なので猫目なんてありえないしなぁ~・・・
と固定観念に縛られていました。

そして日曜日に片頭痛に悩まされながら図書館のキツネ関係の本を何気なく眺めていたら・・・超重要な文書にぶち当たりました!!
そこにはキツネはイヌ科であるが目は猫と同じ縦割れの目という事が書いてありました。

キツネやヘビやワニのような夜行性の動物は通称猫目と言われる縦割れの瞳孔をしている。夜の闇の中、待ち伏せを狩猟の基本とする動物には縦割れの瞳孔の方が少ない光を多く取り込むことができて都合が良いと書いてありました。

そして犬やキツネの瞳孔の形がなぜ外から見えずらいのかというと・・・
犬やキツネは猫目のブルーやグリーンやイエローに見える光彩という部分が
茶褐色または黒茶なのでまとまって一つの黒い塊として見えてしまうので
猫のように瞳孔と光彩の色の違いがはっきりと見えないと書いてありました。

なるほど!!謎は解けた!
あのマイミクさんの撮ってくれた写真はフラッシュ光が眼の中に入り縦割れの瞳孔
を見事に反射させて写っていたのでした。
ありがとうマイミクさん!!あなたの提供してくれた写真は正しかった!!

ちなみにネット上の参考ページはここです

・・・ということで!!
ここまで分ったら自分の性格上(笑)
もうフェネックの目を作らないわけにはいきませんね!!

・・・で作りました。
DCF_0331111.jpg

DCF_030555.jpg

この写真の様に通常の光の下では一つの茶黒い瞳に見えます。

DCF_034333333.jpg

しかしこの写真のように強いフラッシュを当てると猫と同様の縦割れの目であるという事がわかります。

DCF_0345555.jpg

この写真は作りかけの等身大フェネックの顔に自作フェネックアイを装着してみたところです。
画像左側が自作フェネックアイで左側が今までの市販テディベアアイです

DCF_034433.jpg

市販のテディベアアイよりも大きく色つやも良いのでとても自然に見えますね。






このフェイクファーフェネック人形の部屋は猫人形の部屋の1ページです。
もっと人形が見たい人はここをクリックして下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
猫人形の部屋


スポンサーサイト
2007/10/08/Mon 00:18:10   未分類/CM(-)/TB(-)/

MAIN
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。